生きる為に。

28歳の時カナダに留学していました。
私の目的は日本で美容師をしていましたのでその経験を生かし海外で活躍する事でした。

私はもともと旅行では海外経験はあったものの学力は高卒レベル。もちろん英語は(hello)くらい笑
海外留学挫折は言葉。

専門職の私は仕事はすぐに決まったものの、施術を行う前のカウンセリングが全くできない。
間に通訳を入れるも相手の言葉が理解できずこちらも伝える事ができない。

ある日中国人のお客様が(もっと短くして)っというので
1cm切ったところ(もっともっと短くして)っといわれ
あと2cm切ったら短すぎる!!っと激怒されました笑
私は(あなたがもっと短くといったんじゃないか!?)っと伝えたら
(あなたはプロフェッショナルなんだから自分のバランスやセンスで相手にアドバイスしなきゃダメよ!!)っとお叱りを頂きました。

オーナーと自分と2人でお客様に謝罪し、このような事が起きないように、日本人のなんでも(YES,YES)はやめました。

怖い話が実際海外ではすぐに訴訟問題になるからです。

私はどんなに日本で高いレベルの技術があっても、それを説明できる語学が一番重要だと身をもって痛感し、学校に通う事にしました。

日本では切りすぎなんてお叱りを受けた事もなく、たくさんのお客様から支持を得ていただけにその時のプライドはケッチョンケッチョンでした笑

ですがこの経験がなかったら言葉の大切さを理解する事はありませんでしたので、一から勉強し直そうと前向きになれました。

私は1年間滞在していましたがあの経験は一生物です。
日本にいる限りはほぼほぼ体験する事のできないものでした。

ストレスでお酒とクラブに毎日浸っていましたがそれも良い経験でした。
海外に行ったら自分が変われるなんて大きな間違い。

自分で変わらなきゃ生きていけないと思い知った海外生活でした。

オーディオ
心の童話
童話
ショッピングカート

マッサージのリアル口コミ.com
初値予想

健康マニアによる無病ライフ
女性向けエステ.com
工務店向け集客ノウハウ
生命保険の選び方