研究発表

 イギリスに留学してから、イギリス人への評価が変わった私。卒業がまじかになり、今までの研究発表会みたいなものが開かれました。そこでは私の力作の教育教材の発表をしていました。そうすると人生の中で一度も経験したことの無いくらいの批判や批評を浴びました。後から知ったものですが、イギリス人は批判精神が旺盛だったらしいです。私の勉強不足でした。会場内からは挙手されるたびに「ここはおかしい」「考えられない」などという強烈な言葉が。心が完全に折れた私はその場で号泣。それでもやまない質問と批判攻め。「どうにでもなれ」と心が折れすぎて開き直っていました。すると「日本人の発想力はすごいと思いませんか?非難されるべきものではありません。」と私の大好きな教育学の教授が話してくれました。そして「あなたはもっと自信を持って話しなさい。」と怒られながらも元気をもらいました。そのおかげで研究発表は途中でいろいろとありましたが終了することができました。イギリス人の批判精神は半端無かったです。