社会人になってからの海外留学

学生時代の頃に経験した語学留学という名の海外留学とは異なり、社会人になってからの海外留学というのは、責任感が非常に伴います。というのも、会社から応募はしていたとは言えど、志願したのは私自身でしたし、研究職をしていた私がスキルを上げる為に会社の支援を受けての海外留学(半年間)でもあったのです。衣食住は保証されていますし、海外留学中も給与が支払われます。私は志願して海外留学したとは言えど、自分のスキルに自信があったのです。それが実際に海外留学すると、他の国からも海外留学として来ていた同じ社会人研究職のレベルが凄く高いのです。まず、英語力が私の数倍は高くて、彼等が話す英会話が聴き取れないのと、授業で教授が話す英語も専門用語が難し過ぎて私には理解できなかったのです。全く何の話を話してるのか理解できず冷や汗です。このままでは修了書を得ることなど不可能だと考えると、落胆と同時に挫折感を味わいます。最初の数週間は、授業だけでなく、他の誰とも会話するのが怖くてしかたなかったです。引きこもりそうになったのですが、このまま帰国など出来ないですし、なんとか海外留学を成功させるために、とにかく毎日の授業以外に、徹底して英会話学習をしたのです。プライベートレッスンの先生とも契約して、毎日英語漬けです。研究職の勉強は英語が出来るようになると理解できるようになります。とにかく私が挫折した状況から抜け出すためにしたことは、日本から多大なサポートを受けながらも負けられないという強い気持ちです。最大限のことをしてダメならしかたないという覚悟です。それと、覚悟してからは、毎日、とにかく笑顔を作っていたことです。どんなに辛くても笑顔を作くるのです。独りでいる時には笑顔になる必要はないですが、誰かと会う時には笑顔です。そんな毎日を数か月も続けていると、たしかにストレスが溜まります。そんな時は、現地で仲良くなった友人宅に出かけて、彼が飼っているわんこ達と無邪気に遊ぶことです。動物と遊んでいると凄い癒しになります。