実習先のスコットランド

 海外で教員免許を取得する為にイギリスの大学で教育を学んでいました。あるとき、実習期間に入り私はスコットランドの学校へ行くことになりました。日本で言うと中学生に相当する学生たちに英語を教えていました。スコットランドの田舎だけあり、なまりが強くまったく理解できません。かすかに理解できるのはロンドンで生活していて転校して来た新入生の言葉くらい。生徒から質問されるもまったく答えれない状況でした。実習先の先生からは「あなたの英語力が無いの」と罵倒され挫折しかけていました。
 次の日、朝から具合が悪く休もうと思っていましたが電話するのも嫌だったので直接学校に言って休むことを伝えようと向かうと転校生の子が「ここの英語って最悪だよ。理解できない。ネイティブでも無理なら先生にはもっと大変。僕が助けてあげるよ」と言ってくれました。生徒のさりげない一言に涙。休む連絡のために学校に行ったのですが、結局は実習を行い生徒から質問が来て難しそうになると転校生の子が通訳してくれました。おかげでこの実習を乗り切れ挫折から立ち直れました。